お生徒様の着姿

着せ付けコースのおさらいレッスン

見ていて気持ちがいい衿元

見ていて気持ちがいい衿元

不器用さんと練習嫌いさんのための基本コース、礼装4回コース、着せ付けコースを修了されたYさん。

今回、着せ付けコースの内容の礼装着物と女袴の復習レッスンにお越しくださいました。

見ていて気持ちがいい衿元

礼装着物と袋帯の二重太鼓の結び方おさらい

まずは礼装着物と袋帯の二重太鼓のおさらいを行いました。

いつもながらスムーズに雑談を交えながら着付けられて行かれました。

出来上がりもいい感じ!

見ていて気持ちがいい衿元

見ていて気持ちがいい衿元

今回の注目ポイントは後半の女袴の時にもいえることなのですが、衿元です。

伊達衿も入っているのにゆるみなくピッシー!と決まっていますね。

半衿ももちろん左右対称。

見ていて気持ちがいい衿合わせです。

見ていて気持ちがいい衿元

ふっくらとした帯揚げに

帯周りの前のアップです。

帯揚げはふっくら結んでいただきました。
これくらいふっくらしていると帯揚げの存在感が増して華やかな印象になります。

お胸が帯に載ってしまう方もしっかり帯揚げを見せることができますね。

見ていて気持ちがいい衿元

後ろは二重太鼓に

袋帯で二重太鼓を結ばれました。

正方形の形も綺麗です。
たれの長さもちょうどいいですね。

衣紋の抜き具合に床すれすれの裾合わせ。
裾の形も裾つぼまりでとても綺麗です。

見ていて気持ちがいい衿元

女袴の着せ付け復習

女袴の復習もされました。

通常の着物の着せ付けとはまた違う女袴。
一番楽しい着付けだと私は思います。

中身ってこんなことになってるの!?
と皆さんビックリされます。

知りたい方はレッスンへどうぞ(笑)

見ていて気持ちがいい衿元

女袴の衿元も芸術作品

もうね、芸術作品?
というくらい綺麗な衿元を作られるのです。

伊達衿が入った衿合わせってなかなか難しいんですよ。

お見事です!

見ていて気持ちがいい衿元

袴の後ろ姿

袴の後ろ姿です。

袴の後ろ姿は、衣紋は控えめにが正解です。

背中にしわも空気感もなくとても綺麗です。

袴は卒業式のお生徒さん、先生または筝曲部の方などが習いに来られます。

自装のコースもございますので自装ご希望の方もぜひ(ポイントレッスンのページに袴のコースがございます)

お生徒様の着姿一覧

おすすめレッスン

インスタグラム

Instagramでは最新のお生徒さまの着姿を随時更新中です