HOME MAIL TEL
BLOG スケジュール MAP

年末から年始めの着物コーデ【大阪京橋の個人着付け教室きものたまより】

2019年1月14日(祝)

~年末から年始めの着物コーデ~

こんにちは。

大阪京橋のマンツーマン個人着付け教室

きものたまよりの堤千草です。

今日はわたしの年末と年始めの着物コーデ

をご紹介します。

冬場は暖色系の暖かみのある着物に

袖を通したくなります。

縞の切り嵌め柄の小紋に

蘇芳色地に椿柄のポイント柄の名古屋帯

を合わせました。

こちらの小紋なんとなく現代的な印象

のある着物ですが結構古いもののようです。

なぜかというと胴裏という裏地が

黄ばんでいるから。

昔は目方を重くするため

裏地にたっぷりの糊を載せたそうです。

それで今その糊が

黄ばんでしまっているという…。

そのうちこのお着物も胴裏交換か

仕立て直しをしようと思っています。

帯は縮緬地です。

縮緬地のしぼが結構好きです。

この帯の後ろのポイント柄の範囲が

広いのでお太鼓の山から柄が出るように

結んでいます。

秋から年末にかけて出番が多くなる

お着物です。

これはお知り合いの方の

バースデーパーティーに着て行った時の

コーデです。

建物柄の小紋に

スワトウ刺繍が織り込まれた帯を締めて。

八掛の色(袖口)と帯揚げの色を

合わせました。

一重太鼓に結んで。

柄合わせは正方形のお太鼓の中に柄が

収まるようにしました。

(その方がバランスが良いため)

それにしても手の込んだ帯です。

年が明けてしばらくしての

レッスンコーデです。

現代物の洋服地で作られたウール着物に

袖を通しました。

茶色と白の千鳥格子柄の着物に

アンティークの繻子地の帯を締めて。

繻子とはサテンのことです。

そんな生地が昔からあったんですね~。

大輪の黄色の牡丹。

この葉っぱの独特な色目は

あぁアンティークだなぁと思いますね。

ウール着物、洋服地の物は柔らかい物

が多くて大好きなんですよね~^^

こちらは最近のコーデです。

小紋になんだかキラキラしたかんじの

名古屋帯を合わせました。

小紋の柄は孔雀の羽根柄。

この着物と帯は同じお店で一緒に

購入しました。

門戸厄神駅からすぐのさろんどせれぶさん

で購入。

たしか帯は外のワゴンにあったもので

500円というびっくり価格でした 笑

体験レッスンにお越しくださった方から

「着物と帯はいくらくらいで買えますか?」

とよくご質問いただくのですが

ほんと、お安いものだったら

こんな感じで千円以下で手に入ります。

もちろんお着物もですよ。

コース受講のお生徒さんには初回レッスン

の時にわたしのおすすめのお安いお着物屋さん

をご紹介しています。

この帯は総柄でなおかつ中の芯が

しっかりしているので角出しに結びました。

●近日中のレッスン空き状況

15日(火)13時・18時以降

16日(水)満席

17日(木)10時・13時・15時半

18日(金)おやすみ

19日(土)満席

20日(日)10時

21日(月)13時・15時半・18時以降

以降はHPの空き状況からご確認ください。

大阪京橋のマンツーマン個人着付け教室

きものたまよりでは

随時新規のお生徒さんを募集しております

手ぶらで受講できる体験レッスンも

ございますのでぜひお越しくださいね!

手ぶらで1デイ体験レッスン

大阪京橋の
マンツーマン個人着付け教室 きものたまより

レッスンメニュー

レッスン空き状況

お申込はこちらをクリック
大阪市城東区鴫野西1-2-31竹内方